被害者「側」に過失がある場合にも、加害者との関係では過失相殺はなされるのでしょうか。

(1)被害者側の過失

被害者の過失は過失相殺の対象となりますが、被害者側の過失もまた過失相殺の対象となります。何をもって「被害者側」となるかということですが、これについては、「被害者と身分上ないしは生活関係上一体をなすとみられるような関係にある者」をいいます(最高裁昭和42年6月27日判決)。

(2)具体例

たとえば、監護義務者である父母(最高裁昭和44年2月28日判決)や配偶者・内縁の配偶者(最高裁平成19年4月24日判決)といった者は上記にいう「被害者側」に該当します。
ですから、被害者自身に過失がなかったとしても被害者を監護していた父母に過失がある場合には、「被害者側」の過失ありとして、加害者に対する損害賠償請求にあたっては過失相殺による減額がなされることとなります。

無料法律相談のメールでのご予約は24時間受付

本支店共通:0120-778-123

平日:9:00~22:00/土日祝:9:00~19:00

累計相談件数18,670件(平成29年12月末時点)

  1. 地元密着で債務整理に注力
  2. 刑事事件には専門チームが迅速対応
  3. 交通事故全力対応、賠償額の大幅UPをサポート
  4. リーズナブルな価格設定
  5. 無料法律相談の充実

お問い合わせの総合ページはこちら

  • 痴漢・盗撮弁護特設サイト
  • 債務整理総合相談室
  • 交通事故・弁護士相談室
  • 離婚相談特設サイト
  • 刑事弁護
  • 相続相談
  • 法人破産特設サイトオープン
  • 少年事件相談室

アクセス

木更津駅東口徒歩30秒

千葉県木更津市大和1丁目1-1
おおつビル5階(地図はこちら

交通

  • JR内房線 木更津駅東口徒歩30秒

債務整理の無料相談(24時間受付)

借金問題で弁護士をお探しの場合

相談は何度でも無料です

無料法律相談(24時間受付)をご利用下さい

刑事事件の無料相談(24時間受付)

逮捕・起訴されて弁護士をお探しの場合

刑事弁護はスピードが勝負

無料法律相談(24時間受付)をご利用下さい

交通事故無料法律相談

後遺障害認定や示談交渉、訴訟提起についてサポート

法人破産無料法律相談

  • 新橋本店との連携で専門性の高い案件にも対応
  • 会社の清算について、倒産手続きについてサポート